共有サーバーとは|さまざまな種類のあるレンタルサーバーを利用目的で比較しよう

レンタルサーバーの種類を比較してみましょう

初心者におすすめのレンタルサーバー

レンタルサーバーには「共有サーバー」と「専用サーバー」があります。初めてレンタルサーバーを利用する方は、「共有サーバー」を利用することをおすすめします。その共有サーバーのメリットを3つご紹介します。

共有サーバーのメリット

低価格で利用できる

共有サーバーは、専用サーバーと比較すると低価格で利用できるというメリットがあります。レンタルサーバーは月額制で借りることができるので、月々100円から利用できるものもあり、初めての方にはおすすめのレンタルサーバーです。

難しい管理や運用の必要がない

共有サーバーは、高い知識が必要な専用サーバーと比較すると、サーバーの管理や運用をレンタルサーバー側に任せることができるため初心者でも利用しやすいというメリットがあります。

専用ツールが用意されている

共有サーバーには、専用のツールが用意されていることが多いです。その分自由度は低くなってしまいますが、初めてレンタルサーバーを利用する方にとってはわかりやすいので、自分の目的に合った専用ツールが用意されているレンタルサーバーを選ぶことをおすすめします。

共有サーバーとは

男性

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーにはさまざまな種類があります。複数のユーザーで利用する「共有サーバー」、ユーザー1人が1つのサーバーを利用できる「専用サーバー」、ネット上のにあるレンタルサーバーの「クラウドサーバー」などがあります。

共有サーバーについて

共有サーバーは、1台のサーバーにあるスペースを複数のユーザーで利用します。そのスペースに1人1人がドメインというものを設定し、利用するものです。このように1台のサーバーを複数の人数で分けて使用するため、レンタル費用が安いのが特徴です。しかし、他のユーザーの影響も受けやすいので、なるべく安定したサービスを選ぶことをおすすめします。

専用サーバー

専用サーバーは、1台のサーバーを1人のユーザーで利用するものです。他のユーザーの影響を受けることがないので、共有サーバーと比較すると非常に安定したサーバーです。しかし、高い専門知識がないと利用が難しいものでもあります。また、専用のサーバーなので料金は高くなってしまいますが、その分自由度が高く、自分に必要な機能を利用することが可能なサーバーです。

クラウドサーバー

クラウドサーバーは、ネット上にある仮想サーバーです。このクラウドサーバーは、申込みから導入までが早く、急にサーバーを使用しなくてはならなくなった場合にはおすすめのレンタルサーバーです。また、容量を増やす際に柔軟に対応することができるため、サイト作成では多くの方が利用しています。

広告募集中